『ストレスの限界症状と当院の対策』

こんにちは。治療院 RESETの院長伊藤です。
今回はストレスの限界症状と当院の対策についてご説明します。

【ストレスの限界症状】
・疲れているのに寝られない
・好きなことをしているのに楽しくない
この症状がほとんど1日中、毎日、1週間以上続く場合は、医療機関への相談が急ぎ必要です。

※肩や腰など筋肉に症状が現れやすい理由
標準な方で体重の約35%が骨格筋で構成されています。
血流が多い骨格筋はストレスや疲労を感じたとき、骨格筋より脳心臓肺や内臓などもっと重要な器官を守るため、血流が減らされます。
疲労やストレスからのコリや痛みが、回復し難いのは原因の存在が患部に存在しないことです。

【ストレスの重症化防止】
当院はストレスからの症状でも身体的症状を主に取り扱います。
精神症状が多い場合はカウンセラーの先生のご協力いただき、両面からアプローチを致します。
ストレスの重症化防止には、『個々で異なる初期症状を見つけ出すこと』が大事です。
施術側が治すことは当然として、治った後に再発しないことを考えて計画を立てます。

①病院、治療院の選択
・患者様1人1人の傾向に合わせて、治療と説明をしてくれる病院、治療院がオススメ。
原因の理解と『ストレスを溜めると、初期症状は〇〇から現れる傾向が強い』など個人に合わせた初期症状の認知が必要です。

対症療法は患者様ご自身に原因の理解がないため、何故発生したのか?どうしたら再発しないのか?不安と恐怖が残り、再発リスクが高いままになります。
初期症状が分かると、軽度な段階でストレス発散や問題解決のため行動が取れます。

②自分自身の症状をメモする。
・ストレスは身体的・精神的に関係なく、身体の弱く脆いところから症状が出現する。
ランニングやスポーツ、デスクワーク、読書など行動をしても症状の現れ方は個々で異なります。
個々の傾向や個性を掴むため、メモをして正確な情報を担当の方に教えることが早期改善に繋がるでしょう。

(筋トレしても筋肉痛にならない、ウォーキングしたのに肩がこる、簡単な仕事なはずが全身の怠さが発生するなど)
このようなデータは早期改善の鍵で、治りや回復の早い人は殆どが軽い運動やストレッチなど、ご本人が決めた習慣を持っていました。

【院長からのメッセージ】
人間の体は受け取った身体的・精神的ストレスに対して、免疫反応で必ず心や身体にメッセージを伝えています。
特に「これまで感じたことがない症状が出現した」「いつもと違う症状が現れた」などの場合は痛みや症状の重度に関わらず、早めの処置をしましょう。
脳という全身を管理している側に立って考えれば、『いつもの違う症状を出す必要があった』ということです。

目安では1週間続く場合は1回の通院だけでも構いませんので、症状が発生した原因の説明を受けにいらしてくださいね。

治療院は秋葉原や岩本町、東神田から近くに位置しています。
月曜日を除いて営業しておりますので、いつでもご連絡いただければ幸いです。
『治療院公式LINE @URL:https://page.line.me/jtc2068i』

治療院 RESET
伊藤力
国家資格:柔道整復師・鍼灸師所持
業歴:16年(2006年〜)
公開日:2022年8月24日

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。