『疲労・ストレスと発熱』

こんにちは、治療院 RESETの院長伊藤です。
本日は「疲労・ストレスと発熱」の説明をします。
発熱を経験したことのある方は多いと思いますが、発熱は風邪のように脳に病原菌が入る以外にも発生します。

【疲労・ストレスと発熱】
発熱は疼痛、疲労に続いて、「3大アラーム」呼ばれる大切な防御反応です。
ここで紹介するのは、『心因性発熱』といわれる「疲労やストレスで引き起こされる発熱」です。
発熱は「自律神経」の乱れが熱を上げています。

【2種類の心因性発熱】
①原因不明で慢性的なストレスにより、数週間〜数ヶ月間微熱が続き、ストレスが無くなった後も、平熱にはすぐ戻らないケース。
②原因が大事な試験、仕事、イベントなど明確で、原因が終わればスッと治ってしまう39度ぐらいの急な熱のケース。

【院長からのメッセージ】
病院の発熱検査で異常がみられない「不明熱」の中で50人に1人は、この心因性発熱が該当します。
この熱は解熱剤や風邪薬が効かないため、長期的に悩まされている方が多いです。
改善には疲労やストレスの除去、原因特定が不可欠で、原因次第では治療院から別の専門家を提案すること視野に入れて対応します。

現在コロナ、経済不安、仕事の環境変化などストレス社会になっています。
当院は疲労やストレスから発生する首肩こり、腰痛、体の重怠さ、内臓疲労などお体に合わせて、東洋医学の経絡経穴を活かした強い指圧とバキボキ整体をしない、頭からの無痛整体を実施しています。
私自身も軽い筋トレ、ゲーム動画や映画鑑賞、小説の趣味で発散を心掛けたり、8/14〜17のお盆休みには柴又の美味しい鰻を食べに行きました。
「運動や睡眠、休息を取っても楽にならない」このようなお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

治療院 RESET
伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。