『原因不明の体調不良"不定愁訴"』

こんにちは、治療院 RESETの院長伊藤です。
本日は「不定愁訴」の説明をします。

【不定愁訴とは】

「原因がはっきりわからないけれど、なんとなく体調が悪い」
このような状態です。
注意点は行動の制限が弱い症状の段階ですが、病気の初期症状である場合です。
成人では20~30%の人が不定愁訴をもつと推定されたデータもあります。

【不定愁訴の主な症状】

「怠さ・疲労感、頭痛、首肩コリ・腰痛、目の疲れ、冷え、便秘・下痢、イライラ・不眠」
これらの日頃感じやすい症状が該当します。
仕事でいつもより忙しい時期、またはいつも忙しい人は疲労やストレスから体からの警戒信号で現れやすい症状です。

【何科に行けば良いのか】

・怠さ、お腹の不調、冷え、イライラ
甲状腺機能亢進(低下)→内分泌科、耳鼻咽喉科
・怠さ、頭痛、首肩コリ・腰痛、イライラは女性がホルモンバランスの乱れなど→婦人科系。男性では整形外科。
・目と疲れは眼瞼炎や結膜弛緩症→眼科
・怠さ、頭痛は貧血→内科 
*血尿や血便もある場合→消化器科や泌尿器科

【院長からのメッセージ】

頭痛は循環器系、頸椎の原因、顎の問題、うつ症状など原因が幅広く存在します。
1部門だけ診察してもらっても、特定されないこともありますから、複数の科を受診がオススメです。
その上で原因が不明な場合は、疲労、ストレスによる自律神経が関係している可能性があります。

不定愁訴は簡潔に例えるならば「少し疲れている」と脳や体が訴えていることです。
また原因も家庭、仕事など生活習慣と深く根付いているため、勿論短期治癒は目指しますが、危険と分かっている施術はせず、時間を掛けた方が安全な場合はその理由をご説明しております。

危険な施術とは疲れている状態に追い討ちを加える可能性のある激しい運動、強い指圧やバキボキ整体が該当します。
不定愁訴は体が守ろうとしている正常な反応とも言えて、捻挫や骨折、ヘルニアなど組織の損傷を伴っていないません。
一人一人の個性を活かすことが大切です。

だからこそ刺激量は超低刺激から反応を確認します。

ストレス社会に今後なっていくと思われますから、私自身も軽い筋トレや趣味で発散を心掛けております。

何かお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。
治療院 RESET
伊藤力

国家資格:柔道整復師・鍼灸師所持
業歴:16年(2006年〜)
公開日:2022年7月26日

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。