自覚ないだけで疲労は溜まる?「疲労の補足情報」

こんにちは。
治療院 RESETの院長伊藤です。
今回は疲労に関しての追加情報をご紹介します。

皆さんは痛みやこりは無いのに、こんな症状はないですか?
「ボーッとする・体が怠い・体が重たい」
これが疲労です。
楽しいことや好きなことをしていると疲労感は消えますが、疲労は残ります。

【疲労の生まれ方】

人間の活動はエネルギー消費します。
そのエネルギー消費からの副産物で「活性酸素」は作られて、ウイルスの破壊役割と同様に良い細胞も破壊します。
脳も筋肉も全て細胞でできており、細胞の破壊から機能低下。これが疲労です。
疲労は筋肉の繊維が切れる、筋肉の緊張があることではなく、細胞が破壊されるため怠さや重たさとなります。
筋繊維よりももっと根本的問題です。

【疲労感より疲労が怖い】

疲労感はスポーツや仕事でモチベーション、達成感、責任感によって脳が疲労感を感じにくくなります。
これが疲労感の無い疲労として、脳と体で感じ取っている情報と反応に差が発生します。急に症状に現れたり、長く蓄積した物は重症化しやすいです。

【院長からのメッセージ】

更に疲労しやすいのは自律神経で、ストレスで刺激されます。
刺激された自律神経の中枢である脳は大量の血液と酸素を欲し、酸素(エネルギー)消費量が増加します。
副産物の活性酸素による疲労で、神経が管理されている全てに悪影響を与える流れです。

24時間常に働いている自律神経はこの状態になると、精神や肉体的な辛い症状が現れます。
コリや痛みは患部自体ではなく、疲労による自律神経が影響して発生することもあります。

最後にワンポイントアドバイスで、疲労している中、長い時間暑い風呂は避けましょう。
逆に体の負担を増やすことに繋がり、疲労となってしまいます。
半身浴にして内部から少しずつ温める方が安全です。
自覚ある方は気を付けてみてくださいね。
治療院 RESET
伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。