『腰部脊柱管狭窄症について』

こんにちは。治療院 RESETの伊藤です。
本日は脊柱管狭窄症について解説していきます。
中高年の人に多いとされていますが、デスクワークや在宅による身体活動量の低下で、今後はどうなるか分かりません。
人間は調子が上下するのは避けることができませんが、日数経過の自然回復のみで済むように自己管理が重要です。
皆様の日々の自己管理にお役に立てれば幸いです。
【腰部脊柱管狭窄症】
「脊柱管」という背骨に通っている神経の通り道が圧迫されることで症状が発生する。
最も特徴的な症状は「長い距離を歩けず歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)」です。
写真のように背筋を伸ばす正しい姿勢で、神経が圧迫される状態になっています。
そのため背筋を伸ばして立つ歩くと、太ももや膝から下に痺れや痛みで歩くことも困難です。

症状が悪化すると、
・下肢の力が低下
・泌尿器系に異常
なども発生します。
症状の理由は人間の神経支配が原因です。
筋肉や関節だけでなく、徐々に腰から下の神経が管理する内臓領域にも影響が現れます。
悪化速度は個人差があり、発症も前触れなく痺れが出る方もいるため、日頃から注意しましょう。
【原因】
加齢性の老化現象が原因とされています。
・脊椎の変形
・椎間板の腫れ
・靭帯の肥厚
これらの影響で脊柱管が狭くなります。
若い頃に重たい荷物を持ち上げるなど、腰の負担が大きい中高年の人が多いです。

【院長からのメッセージ】
ここからは個人的な考えになります。
現在毎日少しずつ運動をしていらっしゃる方、姿勢を仕事中も気を付けることを第1に考えている方は発症の可能性が低いと思います。
何故そう言えるのか、それは「自らの正常の状態や体の使い方」を理解している方が多いからです。
調子を崩すこと問題ではなく、崩れ始めた状態を自覚できないことが問題です。
原因を自覚、理解できている方の日数経過での自然回復力は高く、維持する自己管理も治った後も継続されています。

特に腰痛や足の痺れが発生し始めた場合は、無理して速く歩かないことから開始しましょう。
速く歩くと振動も強くなり、ふくらはぎやスネの筋肉を使えません。
コツコツとひとつずつ確実に生活を改善することが、早期改善につながります。
何かお困りの際には、どうぞお気軽にご相談ください。

治療院 RESET
伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。