【どんな時に有効?】『「冷やす」と「温める」の説明』

こんにちは。
治療院 RESETの院長伊藤です。

今回は首や肩、腰をはじめとした体に発生する症状の対処法、「冷やす」と「温める」の説明を致します。
冷やさないといけない時に、温めてしまうことで悪化させてしまうことが多いです。
対処の違いを理解して、初期処置をしっかり行うことで治癒までの期間を早くしましょう。

【「冷やす」とは?】

急性期の痛みに対して実施する、氷や冷湿布での炎症を抑えるために冷却行為です。
この炎症は逆に温められてしまうと、患部の炎症が周囲に拡大して痛みが悪化することになります。

急性痛:捻挫、打撲、挫傷、ギックリ腰など受傷直後、3日間前後のことで、炎症反応や交感神経の興奮が発生します。
骨折は長いと2〜3週間炎症が続きます。
炎症反応:局所に急激な負担が加わったことによる腫れ、むくみ、疼痛、発熱が発生する反応。

【「温める」とは?】

慢性の痛みに対して実施する、お風呂やシャワーで温めることで軟部組織の血流を改善する行為です。
慢性期は基本的に炎症がありません。軟部組織の血行不良で悪循環が発生して、こりや痛みを続きます。

疲労やストレスで軟部組織が緊張することにより、機能不全に陥りコリや痛みを感じており、その緊張を取り除くために、温めることで局所の血流を改善します。

【どのように区別するのか?】
患部を触って手の温かさを感じない時は、炎症が発生していることを現しますので、冷しましょう。
逆に患部に手の温かさが気持ち良いと感じたら、温めることが痛みの改善につながります。

触っても判別が付かないときは、まずは「冷やす」ことから実践して下さい。
慢性の症状に対して「冷やす」行為は悪化になるリスクが低いため、困った際には「冷やす」ことから行うことをオススメします。

【院長からのメッセージ】

岩本町や東神田に在住の方、秋葉原や神田にお越しの方など、首肩こり、寝違い、肩の痛み、腰痛は急性慢性問わずお任せください。

治療に来られる際には、
「いつからか」
「どのようにして痛めたか」
「どのように動かすと痛いか」
「痛みの質はどうか」
「日数経過や日中での痛みの変化」
など整理しておくことをオススメします。

詳細に伝えると、治療側が原因の特定も非常にしやすくなりますから、早期治癒の点でもオススメです。
痛みは新鮮な時期な程、原因も分かりやすくなるため、動けるならば早期の治療できると理想的です。
お困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。
治療院 RESET
伊藤

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。