『反り腰』の解説と腰痛予防

こんにちは。治療院 RESETの院長伊藤です。
今回は反り腰を解説します。
姿勢を正しくするように指導受けて、背筋(せすじ)を伸ばすことに意識し過ぎるとなる人も多いです。
反り腰の原因、最初に実施すると良い対策を書かせていただきます。

【反り腰】

言葉の通りで『腰が反った状態』を現しています。
背骨で腰椎は生理的に前弯しているのですが、反り腰では前弯が強くなっています。

【反り腰の原因】

自分に合った正しい姿勢の気を付け方や体の使い方を知らないことです。

反り腰の細かな原因は主に3つ
①姿勢の悪さ
②体重の増加
③姿勢の正し方を誤った
(胸を張り過ぎ、背筋を伸ばす意識が強い)

その他にスポーツで怪我をした場合でも、私は怪我に至った日常生活習慣、トレーニング、プレーで間違った使い方と癖を発見することは重要と思います。
筋力や柔軟性は上手く使えなければ、復帰後に筋肉や関節、靭帯を怪我する確率が下がりません。

【院長からのメッセージ】

今回書かせていただいたように、筋肉や関節は誤った使い方や姿勢から血流が悪化することが多いです。
反り腰は腰椎が関節と筋肉、靭帯で連動している骨盤も引っ張ります。
男性と女性の骨盤、個々の癖に合わせて足の置き方や気を付ける度合いを決めます。

反り腰だけでなく、猫背予防も考えると、両方を予防できる対策が必要です。
・女性の対策
『骨盤は高さが低く幅広』⇒『膝と足が隙間無いように置く』
・男性の対策
『骨盤が細く深く幅狭』⇒『膝と足はこぶし1個分のスペースを作り置く』
閉じるのでは無く、置いてください。
適切な腹圧を発生させて、腰や体の姿勢を崩すと筋緊張で辛くなるようになります。


過去と現在にヘルニアや狭窄症、座骨神経痛という診断をされた方は早めの生活習慣、使い方の改善をオススメ致します。

当院はどの症状にも整体や鍼で大切にしていることがあります。
①患者様に本来の快適な体を経験してもらう
②施術を受けることが逆効果にならない
③皮膚や筋肉、関節、内臓、過去の負傷など状態を詳しく分析
④原因を患者様に納得と理解していただく
⑤単一や複数の悩みを解決できる対策を1つ発見する

反り腰は慢性腰痛だけでなく、悪化で痺れや感覚異常を引き起こす危険な状態にも陥ることもあります。
お悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

治療院 RESET
伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。