ギックリ腰と鍼治療

こんにちは、治療院 RESETの院長伊藤です。

本日は最近書かせていただいている、当院の鍼治療はギックリ腰で仰向きも難しいほど痛みを発生させてしまう患者様に活用することが多いです。


ギックリ腰

炎症が発生して、腰の鋭い痛みで歩行痛、運動痛も伴います。

炎症や痛みの要因は『発赤、発熱、腫脹、疼痛、機能障害』の5徴候が関係しています。

腰がこの5徴候で患部の組織が自らを守ろうとして発生する防衛反応です。

痛み発生の流れ

①組織の過負荷によって血液が集中
②血液の集中で発赤・発熱・腫脹が発生
③充血や浮腫になり、皮膚の圧力が機能しない
④-1 靭帯や筋肉に正常な圧力が働かない
④-2 疼痛性起炎物質が産み出される
⑤支えられない、動かせない機能障害が発生


鍼治療

鍼は1979年にWHOで適応疾患が発表されるなど、科学的にも証明されはじめました。

鍼を体内に刺すことで神経を刺激、血行が促進します。

血行の促進と免疫力を利用、痛みや疲労の原因となる物質を老廃物として、排出する作用があります。
ギックリ腰を発生させる原因の見極めて、5徴候を止めることが鍼は優れています。



繰り返しのギックリ腰やヘルニア、狭窄症の方は正常に治し過ぎることは危険に繋がることがあります。

正常に治すことは、正常に体を使うことです。

腰椎や筋肉自体が脆くなっている場合は支えることができません。

カウンセリングやヒアリング、検査、治療中の鍼の手応えから、どこまで治療するか決めることも重要です。

院長からのメッセージ

鍼の方法は整体と同じく、鍼も鍼灸師次第で手法も効果も全く変わります。

私は治療法で誰が正しいという正解はなく、立証は痛みを取り除く結果で立証するしかないと思います。


患者様の中には電気を流す鍼パルス、刺入して時間経過で刺激を強める置鍼など鍼は怖い・苦手とする方も多いです。

そこで当院は鍼を鍼パルスや置鍼無し、整体もバキボキしない無痛で治療を行います。


「刺激が苦手だけど、痛みをしっかり治したい」

そのような患者様が誰もが安心して受けられる整体と鍼をこれからも心掛けたいと思います。


ギックリ腰お悩みの方は、まずお気軽に電話、またはLINEでご相談ください。


治療院 RESET

伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。