お腹の圧力と腰痛の関係

こんにちは、治療院 RESETの院長伊藤です。

今回は「腰痛」「ギックリ腰」に関係する、『腹圧と腰痛の関係』を説明します。

特にギックリ腰の時は痛みの場所を冷却することも大切です。

しかし、腹圧が原因で腰痛を発生させる場合は、腰が痛んでいるのではなく、腰部は耐えている正常な反応となります。


痛みの原因次第では炎症をすぐ引かせて良い場合、安静が最適である場合など様々です。

少しずつブログを通して腰痛の説明させていただきます。

腰痛に悩まれている方の恐怖、不安が解消されれば幸いです。


【腹圧とは?】

腹筋と横隔膜の収縮によって腹腔にかかる圧力です。

腰椎(腰の骨)に圧力を加えることで、腰を前方からサポートしたり、内臓の機能自体を守るだけではなく、腰にも大切な働きがあります。

背筋(後方)と腹圧(前方)による力が、腰の安定に機能しています。

腹圧が低下することで、腰に加わる力が増加して腰の負担が増えていくのです。


腹筋は体を捻る、前屈させる役割もあるため、体を支えるだけではありません。

腹圧が正常な状態は、猫背や反り腰にならず、背筋が伸びる方向に保つ方が体が楽に感じます。


【院長からのメッセージ】

ギックリ腰の際に活用するコルセットは、骨盤を左右から締め付けることで、背骨の両脇にある脊柱起立筋を楽にします。

脊柱起立筋を補助する効果で、腹圧や内臓が関係する腰痛は楽になりません。

全て原因が患部の歪みや筋緊張ではなく、早期改善には見立ての正確性が不可欠です。


背筋を伸ばした際、首、肩こりを感じる場合はうまく体が使えていない、体の意思表示になります。

ぎっくり腰や腰痛以外に、デスクワークや自宅での座っている姿勢に悩まれている方はいつでもご相談ください。

イーパークのリラクエステでは、ご新規様限定の骨格調整があり、特別コースかつキャンペーンの場合はポイントによる割引も使えます。

お気軽にアクセスして、興味のあるコースからお試しください。


治療院 RESET

伊藤力




治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。