眼精疲労が若者にも増加中

こんにちは、治療院 RESETの院長伊藤です。

今回は眼精疲労を対象に書かせていただきます。

眼精疲労で悩む方が若者を中心に増えて、目の疲れ、かすみといった老眼による症状が10代〜20代、30代の人にも増えてきております。

通常老眼は40代から発生すると言われていますが、最近はスマホやタブレットを小学生も持つような時代になりました。

現状を説明しながら、なぜ目が疲れやすくなっているかをご説明致します。

岩本町や秋葉原、神田はオフィスも多く、様々な年齢層の方が働きに来ていらっしゃると思います。

少しでも眼精疲労の方が楽になれば幸いです。


眼精疲労の増加した理由

理由は対象の画面に集中するあまり、画面に目が近い状態を持続的に続けてしまうからです。

近くを見続ける際には、目の筋肉を使用して目の中のレンズ(水晶体)を分厚くする必要があります。

目の筋肉が負担を背負える量にも限界が訪れること、これが眼精疲労です。

通常は年齢による機能低下して、筋肉の衰えから老眼となります。

最近若い方から増えてしまったのは、正しい距離や目の使い方によって、長時間の使用から筋肉が元に戻りにくくなったことが理由と考えられています。


院長からのメッセージ

スマホやタブレットが増えたことにもありますが、物も体も正しく使わないとその本来の力は発揮されません。

何かスマホやタブレット、パソコン作業をしている最中も、家でテレビを見ていても、対象だけに意識を向けてしまうと姿勢は自然と悪くなります

目も体も辛いという方は、何かに集中しているときのご自身の姿勢を気にしてみてください。何故その症状が続くのか、解決するには原因を断つことが必要です。

筋肉も鍛えることも必要ですが、正しく使えないと筋肉は重りになって疲れを発生させます。

長く続いてしまっている症状は、原因が分からないため、なかなかご自身での解決が難しくなってしまいます。

眼精疲労以外に、首こりや肩こり、腰痛など体の不調を感じていらっしゃる方で、日頃の何が原因か気になる方は是非一度LINEでお気軽にご相談ください。

治療院公式LINE←こちらをクリックするとLINEアカウントが表示されます。


治療院 RESET

伊藤力



治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。