腰痛の原因がふくらはぎ?

こんにちは、治療 RESETの院長伊藤です。

今回は腰痛の原因の1つになりますが、実は腰とふくらはぎは非常に密接な関係があります。

首コリや肩コリ同様に、腰痛も腰のコリ、もしくは近くの部分である臀部の緊張と考えの方は多いのではないでしょうか。

今回はふくらはぎから腰痛の発生する原因になる、「ヒラメ筋」という筋肉の筋筋膜トリガーポイントをご紹介します。


筋筋膜トリガーポイントとは?

筋繊維の一部が動作や姿勢で破壊されて、神経が正常に機能せず混乱した状態のことです。

筋肉が緊張し続けた状態になり、損傷する恐れのある刺激に対して過敏に反応を示します。

過敏になると、近くや遠くの筋肉や皮膚面にも伝えてしまうため、腰痛だけでなく、首コリ、肩コリで痛みが発生している方で「同時に他の部位も痛い」このような時はトリガーポイントができているかもしれません。

今回のヒラメ筋による腰痛もその1つです。


発生しやすくする動作や姿勢

・繰り返し動作

・急激な動き

・ストレスの掛かる姿勢

これらの状態が長く続くと、筋肉過度に伸ばされる、短縮される、負担が加わるなどで筋肉に微細な損傷が生じます。

または筋力が左右で不均一である場合も生じることがあります。


ヒラメ筋と腰痛

写真引用:トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル 医道の日本社

ヒラメ筋は下腿部にあるふくらはぎに存在する筋肉です。

立ち姿勢の維持にも重要で、マラソンや歩行といった遅く使う筋肉の繊維が多く存在します。

第二の心臓という言葉は聞き覚えがあるかもしれませんが、血液循環にも大変重要な筋肉です。

写真のピンクで示されているように、腓腹筋という大きな表面の筋肉の奥に存在しているヒラメ筋が腰痛を引き起こすことがあります。

特に立ち姿勢や座っている姿勢など、姿勢が悪い方は発生しやすい部分の腰痛です。


院長からのメッセージ

腰が痛くて、腰や臀部を整体、マッサージなど処置してもらっているが、なかなか治らない方は今回ご紹介した神経を介した誤認識による腰痛の可能性があります。

筋筋膜トリガーポイントで発生する痛みで関連痛という、原因の部分とは異なる箇所に出現する痛みです。

筋繊維の破壊を知らせる脳への伝達が、謝って別の箇所の痛みだと認識してしまうことが関連痛の原因になります。

首コリ、肩コリからも頭や顔、手などへ痛みを発生させてしまう筋肉が存在します。


本日のような原因が捉えにくい症状にも、無痛整体と原因説明、生活指導までサポートできますので、まずはお気軽にご相談ください。

いつでもお待ちしております。

当院の公式LINE(https://lin.ee/a0yz5jP)


治療院 RESET

伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。