O脚でお悩みの方や膝が痛いと感じられている方必見!変形性膝関節症の症状

こんにちは。治療院RESETの院長伊藤です。

今回は変形性膝関節症の説明をします。


膝は人間が動く際に、体の安定を担う重要な関節になります。

関節部は上半身の重さ、歩きや走りの上下から発生する力に耐える、体の捻り動作では摩擦の力を吸収する構造です。


本日は、女性でO脚でお悩みの方や膝が痛いと感じられている方へ向けて、変形性膝関節症をご紹介していきます。



【膝関節で発症しやすい症状】

特に、中高年の方は骨の周りを覆っている軟骨が擦り減って、大腿骨(上)と脛骨(下)がぶつかり合うことで痛みを発生しやすくなり、変形が始まってしまうと、改善は困難です。


・体の疲労が蓄積して、体の安定を保てないから痛い

・筋肉が緊張して辛い

・筋肉が炎症して痛い

・関節部を痛めている

・変形が始まっている痛み

・膝ではない体全体の使い方からの問題

可能性をあげますと、キリがないぐらい膝は症状を出しやすい関節です。


症状を出しやすい理由は体重を支えながら、体全体を高度に動かすサポートをするため、直接的・関節的な原因を考える必要が発生します。

運動をして痛めない場合も、少しずつ負担を抱えることで、急に痛くなることがあります。


膝自体が問題なくても、関節的に鋭く痛み、歩きにも支障を出現させることも多いので「レントゲンで膝関節に異常が無かったのに痛くてしょうがない」という方は、一度是非ご来院ください。



【変形性膝関節症】

膝関節部の軟骨が擦り減って、関節部同士が接触し始めます。

接触部分に炎症が発生し、炎症部分を避けて使うように関節が変形すること、これが「変形性膝関節症」です。


特に、O脚が進んできたという気がしている場合は、軟骨が擦り減りやすくなっています。

日頃から膝と足が開いて座っている方、足を組まれる方は気を付けていただき、年齢問わず早めの予防に努めましょう。



【院長からのメッセージ】

今現在、膝が気になっているという方に簡単な判別方法を説明します。

階段の昇りで痛いときは「筋肉」が関係した痛みに多いです。


一方で、階段の降りで痛いときは「関節」が関係した痛みに多いです。

もし、階段の降りは関節に負担を加えてしまうため、運動として取り組まれる場合は「階段の昇り」を実施してみてください。


ただ重要なことは、筋力を付けても日常生活で正しく使えるかどうかです。

在宅ワークが進んで、健康意識も高まっていらっしゃる方が増えました。


コリ、痛み、疲労、ストレスなど体に発生する症状は1人1人で原因が異なります。

当院は原因に合わせたオーダーメイドの整体、膝の矯正で強い指圧・刺激を加えずに、膝の痛みを整えることができます。


岩本町、秋葉原、神田の近くにお越しの方で、気になる方はお気軽にご相談ください。

心よりお待ちしております。


治療院RESET

伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。