女性に多くみられる外反母趾の原因!靴やヒール以外にも大きな原因が?

こんにちは。治療院RESETの院長伊藤です。

本日は外反母趾の原因について説明します。


外反母趾は女性の方が多いとされており、その理由は、女性の方がヒールを履くことが多かったり、つま先が細い靴を履いている為と書かれている情報を見かけないでしょうか。

足の親指が長い方は細い靴だけでなく、普通の靴でも、親指が当たりやすくなりやすいというのも書かれておりました。


私が治療させていただくときに、足や足の指はどの方に対しても診る部分です。

外反母趾の人や近い人も靴だけが原因ではないように思いはじめました。


今回は外反母趾の知られていない原因について書かせていただきます。



【外反母趾の知られていない原因】

外反母趾になる原因として、細い靴を履いて親指が窮屈になることだけが原因ではありません。

細い靴を履く、座位、立位、歩行の際に足同士の間隔が開くことが原因も関係している方が多いです。


本来の正しい動かし方、使い方をされていないことで、小指側に荷重が加わるため、親指が小指側に近づくように変形をしてしまいます。

特に、女性は骨盤の形が横幅に余裕がある構造となっておりますので、下肢の適正姿勢が「左右の膝と足の間が開かない状態」です。


その状態であることで、体の構造からも親指に力が入りやすくなっています。

ネットにも「歩き方が大切」という記載はありますが、まずは座っているとき、立っているときから気をつけてみてください。

親指の関節部に炎症があり、腫れを確認できる場合はしっかりと冷却しましょう。



【院長からのメッセージ】

私の整体経験からの考えになりますので、気になった方は一度R.I.療法を受けにいらしてください。

当院は妊婦さんに合わせた超低刺激の為、痛みを伴う無理な矯正は行いません。


外反母趾だけでなく、首肩のコリ、足のむくみなど安心してお越しいただければと思います。

親指が変形するのは、かなりの負担が加わっている証拠になります。


下肢のむくみや背中の張り、腰臀部のコリなども一緒に発生していることも多く、症状が発生する箇所は足だけではありません。

R.I.療法でそれらの関連する症状と合わせて整えさせていただき、日々の生活が笑顔で過ごせるようにサポートいたします。


いつでもお待ちしております。


治療院RESET

伊藤力

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。