ストレスが蓄積した時の3段階反応!どの段階なら治療が間に合うのか

こんにちは。治療院RESETの院長伊藤です。

本日はストレスに対する3段階の反応を説明します。


前回に心と体の関係を説明させて頂きましたが、ストレスで発生する反応を詳しく3段階に分かれていることを、文部科学省からの情報を整理しながら解説いたします。


コロナ禍が開始されて新しい時代が始まりました。

新しい時代に伴うストレスの増大から、自己分析の1つとしてお役に立てればと思います。



【ストレス反応3段階】

警告反応期

ストレス要因(ストレッサー)が加えられた直後に発生する時期。

最初に抵抗力が低下するショック相を経て、抵抗力が高まる抗ショック相へと移行する。


ショック相:

身体的活動が低下し、抵抗力は正常値より大きく低下する。

身体的活動・抵抗力の低下状態に対し、生体は防御のために「闘うか逃げるか」の戦闘態勢を整え、に移行する。


抗ショック相:

アドレナリンが分泌され、交感神経系の活動が活発になり、覚醒、活動水準が高くなる。時に過覚醒や過活動になることもある。


抵抗期

警告反応期から続いて、副腎皮質ホルモンなどが分泌され、身体の抵抗力が高まる時期。

ストレッサーに対し活動性を高めてバランスを保っている状態。

この抵抗期は、心身の活動が活発になるため、休息とのバランスが崩れやすくなる。


身体の防御機能にも限界があり、適応力が枯渇し、再び抵抗力が正常値以下に低下する疲弊期に移行する。

この抵抗期は約1週間から10日ぐらいといわれているが、様々な心理的・生活環境的ストレス要因の影響を受けて変化する。


疲弊期

長期間継続するストレス要因に心身が対抗できなくなり、抵抗力が衰え、ストレス反応が発生。

その状態が更に続くと、ストレス障害と呼ばれる様々な障害や疾病へと進行。

※前回の心と体の関係も参照ください。



【ストレス反応】

汎適応症候群とも言われる、ストレス要因を受けた事による生体の自然な適応反応。


・心理面の反応:

感情の浮き沈み、緊張、無気力感などの感情。

集中力低下、思考力低下、判断・決断力低下などの障害。


・行動面の反応

食欲の上下、ストレス場面からの回避行動など


・身体面の反応

動悸、異常な発熱、頭痛、腹痛、疲労感、食欲の減退、嘔吐、下痢、のぼせ、めまい、しびれ、睡眠障害など


(参考資料:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/010/003.htm)



【院長からのメッセージ】

疲弊期の最初に発生する、ストレス反応の段階で治療が行えると早く改善が見込め、障害や疾患まで辛い状態になった場合でも、当院ではR.I.療法や鍼を活用して計画的に回復まで導きます。


当院では、日々を笑顔で過ごせる状態を取り戻すサポートができるよう日々取り組んでおります。

特に疲れ切ってしまった方の治療は、整体の刺激を抑えて、施術中はリラックスしながら受けていただけることが大切です。


当院の整体や鍼は全て痛みが少ない方法を選択しておりますので、ぜひ1度お越しください。

いつでもお待ちしております。


治療院RESET

伊藤

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。