令和時代の悩みやストレスの状況!厚生労働省のデータも含めた現状は?

こんにちは。治療院RESETの院長伊藤です。

今回は悩みやストレスの令和状況をご説明致します。


ここ2回厚生労働省に掲載されている情報に、私の経験も載せさせて頂いております。

今回は12歳以上の男女にどれだけ悩みやストレスの自覚があるか、掲載されている統計を参考にしました。


【悩みやストレスの状況】

令和元年(2019年)の情報から、12歳以上で悩みやストレスが『ある』と答えた方は47.9%、『ない』と答えた方は50.6%でした。

男性と女性の比較では、12歳~79歳まで男性より女性の方が10%も高く自覚されております。


悩みやストレスを抱えやすい年齢層は男性女性共に、30代~59代の方がほぼ同列1位で割合が高くなっており、30代~50代に女性は59.3%、男性は49.2%という10%の差が発生しています。


性・年齢階級別にみた悩みやストレスがある者の割合(12歳以上) 2019年(令和元年)

(参考資料:厚生労働省 2019年国民生活基礎調査の概況 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/dl/14.pdf)

30代~50代は働き盛りのご年齢です。

適度な運動、ストレス発散、時間外労働を減らすなどができると理想的です。


ご自身が辛いと感じる悩みやストレスを受け続けることは、身体も拒絶反応が現れます。

身体が疲れて肩こりや腰痛ならば、まだ我慢が可能ですが、自律神経系に負担が加わると、精神的な症状が現れるため非常に危険です。


しかし、一度悩みやストレスを抱える状況が出来上がると、疲れている状態での運動、仕事の環境問題など行動すること自体が難しいのが現状です。



【院長からのメッセージ】

適度な運動やストレス発散で補えない、改善されないという場合は当院のR.I.療法で、完全無痛の整体がオススメです。

特に岩本町近辺はオフィス街となっており、コロナ禍になっても働きに来ている方が多く岩本町駅や神田駅、秋葉原駅から出勤されております。


悩みやストレスで疲れた状態でマッサージや整体に行かれた方で、逆に施術後グッタリとしてしまった経験はないでしょうか。

整体がはじめてというには身体をケアされる際、弱い刺激量から開始されると、施術受ける前より悪くなる可能性も低くて安心です。


整体はじめて通われるところをお探しの方は、バキボキよりもソフトをお試しくださいね。


治療院RESET

伊藤

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。