その痛み「冷やす」「温める」どちらが正解?正しい処置の方法は?

こんにちは。

治療院RESETの院長伊藤です。


つい先日、腰を痛めたお客様がご来店されました。

よくあるのが、ギックリ腰の痛みに対し、冷やさないといけない時に、温めてしまうことで悪化させてしまうなんて経験皆さんにもありませんか?
対処の違いを理解し、初期処置をしっかり行うことで、より早く治療することが可能になります。


今回は首や肩、腰をはじめとした身体に発生する痛みの対処法、「冷やす」と「温める」の説明を致します。


「冷やす」とは?

急性の痛みに対して、氷や冷湿布で「冷やす」という処置は、炎症を抑えるために行います。
この炎症は逆に温められてしまうと、患部の炎症が周囲に拡大して痛みが悪化することになり、逆効果になってしまうのです。


急性:捻挫、打撲、挫傷、ギックリ腰など受傷直後、3日間前後のことで、炎症反応が発生します。


炎症反応:局所に急激な負担が加わったことによる腫れ、むくみ、仏痛、発熱が発生する反応。



「温める」とは?

慢性の痛みに対して、お風呂やシャワーで「温める」という処置は、軟部組織の血流を改善するために行います。
慢性になっていると炎症は基本的にありませんが、軟部組織がこわばっていることで痛みを引き起こします。


急性期の鋭い痛み終わって、鈍い痛みになってきた場合は慢性期に入ったと思ってください。
大体の場合、およそ4日間を過ぎると慢性期になりますが、骨折など酷い怪我では急性期が長くなります。


その他にも、疲労やストレスで軟部組織が緊張することにより、機能不全に陥りコリや痛みを感じる場合にも、緊張を取り除くために温めることで局所の血流を改善し、痛みを和らげることができます。



どのように区別するのか?

患部を触って手の温かさを感じない時は、炎症が発生していることになるので、冷しましょう。
逆に患部に手の温かさが気持ち良いと感じたら、温めることが痛みの改善につながります。


触ってもどちらか分からない際には、まずは「冷やす」ことから実践して下さい。
慢性の症状に対して「冷やす」行為は悪化になるリスクが低いため、困った際には「冷やす」ことから行うことをおすすめします。


病院や治療院、整骨院にいかれる際には、
「いつからか」
「どのようにして痛めたか」
「どのように動かすと痛いか」
「痛みの質はどうか」
「日数経過や日中での痛みの変化」
などメモしておくと受診した際に症状が上手く伝わりやすいでしょう。

なるべく詳細に伝えると、患者様ご自身も思考が整理されて気持ちも落ち着きます。
また根本的な原因が見つかりやすくなって治療時間も短縮できます。


痛みは新鮮な時期な程、原因も分かりやすくなるため、動けるならば早期の治療で楽にできると理想的です。


治療院RESETでは痛みに関するご相談から治療まで気軽に行えます!

お困りの際には当院のLINE、または電話で問い合わせでも構いませんので、お気軽にご相談頂ければと思います。
あなたの痛みの原因をしっかりと見つけ出し、効果的な治療を行えますので、ぜひ1度ご来店ください!

治療院 RESET

【鍼灸・整体・カウンセリング】千代田区岩本町にある、心と身体の両面から健康をサポートする、プライベート治療院です。